トップ 目次 桂林・陽朔と龍勝棚田 第1日 第2日 第3日 第4日 第5日

   龍勝棚田、両江四湖ナイトクルージング




 今日は6時半起床、7時朝食、8時に出発して、龍勝棚田に向かう。桂林市の北西120kmにあり、2時間半程かかる。「龍勝」の正式名称は「龍勝各族自治県」。ここには、ヤオ族、ミャオ族、ヤオ族、トン族、チワン族などの少数民族が暮らしている。

 棚田の開墾はは元(1271〜1386年)から始まったというから、日本でいえば鎌倉時代であり、歴史は古い。ほぼ現在の姿になったのは清代ということである。棚田は300m〜1000mの間に分布している。
 途中、小型のバスに乗り換える。駐車場に着くと谷の反対側にも、立派な棚田が拡がっている。麓であるのに、小雨が降り、天気が悪く、霧がかかっている。
 龍勝棚田の入り口「龍脊(りゅうせき)・・・平安 壮(チワン)族梯田」の文字が見える。有料50元。 
 ここから標高1300mの展望台まで登っていく。足が悪くて登れない人は「籠」に乗っていく。

 途中には民宿と思われる建物が数多く建っている。少数民族の建物は、一般的には一階は家畜、二階は住居、3階は倉庫ということである。この建物、私には、宮崎駿の「千と千尋の神隠し」の風呂屋を思い起こさせた。

 途中の山道で、瓦屋根と竹が美しい場所があった。

 田んぼ一枚の面積は狭く、「カエルが飛び跳ねると、3枚の田んぼを越える」と言われるほどである。

 頂上近く、棚田が美しい曲線を描いているのに、霧は深くなるばかりである。

 汗びっしょりになり、頂上の展望台にたどり着いたら、何も見えなかった。棚田の姿が龍に見えるといわれる光景は霧の中である。「うーん残念!」。
 この写真は、展望台で買った写真集の表紙。こうゆう形が見えたはずなのに・・・・・・。

 展望台の休憩所で売っていた豆乳。ガイドさんに、「とても美味しいですよ」と勧められた。
 暑かったので冷たい豆乳は、大豆の甘味がほのかにして、素晴らしい味がした。
 これらの棚田の傾斜は15度から75度に及ぶという。長い年月をかけ、石を並べていく労苦は大変なものであっただろう。ここには、漢民族に山奥まで追い詰められた少数民族の悲哀が感じられてならないのだが・・・・・。
 帰り道、繕い物をしている女性が見受けられた。
 雨に濡れたカンナの花も美しい。
 

 帰り道、右のお店で売っていた刺繍入りの財布がなんと5元(80円)。しっかりしているし、中にはチャック付きのポケットまである。また、柄も種類が多く豊富。
 一緒に行った女性達が、これはおみやげに良いと沢山買っていた。

◆ ヤオ族の村

 棚田見学の後は、龍勝棚田の麓のヤオ族の村に下りる。
 昼食の郷土料理を食べさせる店。なかなか趣がある。
 レストランの中では、ヤオ族の村の若い人達が「歓迎の歌」を歌ってくれた。
 
 ヤオ族の歓迎の歌  SONY PCM-D50でデジタル録音 26秒 MP3に変換
竹筒に入ったスープ 龍勝名物の竹筒飯(シュートンファン)
竹筒に御飯や椎茸、人参などを詰めて火であぶったもの。香ばしくお米も粘りがあってとても美味しい。
 右下の皿、左が竹筒飯   左、チンゲンサイ。右、きくらげ。
 ヤオ族の民族衣装はピンクと黒が基調。女性は長い黒髪が特徴で、140cm以上の人が60人以上いるので「長髪村」としてギネスブックに記録された。
 夕方になどに川で髪を結うのが観光客に人気だそうだ。
 このヤオ族の村で咲いていた竹の花。六十年に一度、咲くという。 中国でも日本でも、竹の花が咲くと世の中に異変が起こるといわれるくらい珍しいようだ。私も初めて見た。花は辺り一面に咲く。花が咲くと、集団で竹は枯れてしまうらしい。


◆ 両江四湖遊覧


 龍勝から再び桂林に戻り、夕食の後、ナイトクルージング「両江四湖遊覧」に出発する。
 
「両江四湖」とは、桂林市内の「漓江、桃花江と木龍湖、桂湖、榕湖、杉湖」を指す。その中心は榕湖、杉湖である。ナイトクルージングで見る夜景はライトアップされ、その美しさは目を見張るものがあった。
 杉湖の日月双塔。ここから、遊覧船は出発する。その美しさは圧巻だ。
 しばらく行くとクリスタルハウスが見えてくる。
 古い時代の形をした橋。この橋を遊覧船は抜けていく。
 なんと凱旋門の形をした塔の吊り橋てある。
 この橋のライトアップも美しい。建物や橋ばかりでなく木々にも緑色のライトアップがされている。
 この建物のテラスでお祭りの時には舞が披露されるのだろう。
 遊覧船の終点の榕湖の塔。
 この建物は金閣寺を模したものであるという。
 ここでは、中国風の音楽がかかり、女性達が踊りを見せてくれた。維持工事中で足場が架かっている。

 両行四湖のナイトクルージングは、予想を遙かに超えて素晴らしかった。このような美しいナイトクルージングを見せてくれる場所は残念ながら日本にはない。

 パリのセーヌ川やプタペストのドナウ川のナイトクルージングも素晴らしいが、面白さにおいてはこちらに軍配が上がると私は思った。

◆ 漓江大瀑布飯店の人口滝のショー
 今日のおまけは「漓江大瀑布飯店の人口滝のショー」であった。
 広西省内で最も大きくデラックスなホテルの漓江大瀑布飯店。このホテルは12階、幅70m。北面の屋上から人口滝を流す。毎日午後8時30分から10分間。世界一の人口滝といわれている
 周りには、黒山の人だかりだ。さすが中国。やることが違う。
滝を流す前 滝には模様も現れる
 今日の観光は、せっかくの棚田が霧で見えなかったが、「両江四湖ナイトクルージング」とこの人口滝で、十分堪能できた。明日は、観光の本命の桂林の漓江船下りである。


Copyrigh(C)2008 Tomoo Mizukawa All Rights Reserved